2015年08月05日

からだ塾 無料体験会

からだ塾無料体験会のお知らせです。

日時:8月6日
時間:17時から20時
場所:聚楽会館
内容:
・ケガ予防の為のストレッチ法
・バランス運動体験
・特別講座で子供に使えるプロスポーツ界の3つの性格別伸ばし方




スポーツをやっていて、ケガをする小・中学生がとても多いのが現状です。

保護者の方もどのように指導したらいいのか、


どのようにしたら子供が伸びるのか、気になっていらっしゃる方も多いことでしょう。

その不安を解消するために、ためになる内容となっています。



また、お菓子の詰め合わせもプレゼントします!

先着順で無くなり次第終了としますのでお早めに!


わからないことがあれば、スタッフまでお問い合わせください。
posted by たかさん1107 at 14:04| 京都 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月01日

熱中症 対策 カイロプラクティック

前回は熱中症について書きました。

今回は熱中症の対策にも関係する水分補給についてです。

1日あたりに体から排出される水分量の合計は、

尿、便、汗などで排出される、約2リットルから2.5リットルと言われています。

食物から摂取することなどによる水分摂取量というのが、

1日あたり1リットル前後ぐらいと考えられていますので、


食事以外で飲料水から補給すべき1日の水分摂取量の目安は1.5リットル以上であると言えます。

ただし、食事の内容や運動量など人によって異なっているため、

あくまでも目安として捉えてくださいね。

いつもより運動したり、汗を多くかいた日などは、

目安よりも多く水分摂取してもらうことが必要です。

水分を摂取する際は、1度に多くの水を飲みがちですが、

コップ一杯程度の水分を1日に68回に分けて飲むようにした方

吸収の効率がよいとされています。

また、飲み物の温度も冷たすぎると、吸収が悪くなりますのでご注意ください。

飲み物の種類ですが、水が最も良いでしょう。

お茶や紅茶、コーヒーなどは、利尿作用があるカフェインが含まれています。

つまり、体に吸収されるよりも尿として排出してしまう量が増えるわけです

それらの飲み過ぎには注意しましょう。

スポーツ飲料も運動時は別ですが、日常的に飲むことは糖分が高くなるので、

持続的に飲まないようにしましょう。

水の取り方に注意しながら、循環が悪くなっている方は治療を行うことで循環改善させ、


快適な夏をお過ごしください。
posted by たかさん1107 at 08:33| 京都 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月21日

熱中症 カイロプラクティック

前回に引き続き熱中症についてです。
熱中症になりやすい時期は、真夏と梅雨の時期です。

この時期は体がまだ暑さに慣れていないため上手に汗をかくことができず、

体温調節がうまくできないからです。

では、熱中症になるとどんな症状が出るのでしょう。

・めまい
・顔面蒼白
・手足がつる
・筋肉が痙攣する
・全身が重だるい
・頭痛
・悪心嘔吐

などがあります。

暑い場所にいて、これらの症状がいくつか当てはまる場合は念のために、


涼しいところに移動し、衣服を緩め、水分補給をし、体を冷やして

熱を体の外に逃がすように対処しましょう。


また室内でも熱中症はおこることがあるので注意してください。

クーラーに当たり過ぎるのはよくないですが、

室内の温度が高くなりすぎないように、うまくクーラーを活用しましょう。


乳幼児は大人より代謝が活発で体温が高いですが、


汗腺が未発達のためうまく体温調節することができません。


お父さんお母さんは、様子を見ながら十分気をつけてあげてくださいね。
posted by たかさん1107 at 08:12| 京都 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月17日

熱中症 カイロプラクティック

まだ梅雨明けはしてませんが、だいぶ夏らしく暑い日が続くようになってきました。

そこで、熱中症についてです。

知ってるようで知らない人も多いかと思います!



熱中症というのは暑い環境で生じる健康障害の総称です。

体の中では、熱を作る働きと体の外に熱を逃がす働きがバランスをとっています

体が暑い環境にさらされたときに、このバランスが崩れ、熱中症が起こります。



体温調節というのは自律神経によってコントロールされています。

よって、自律神経がもともと乱れている人は、熱中症になる可能性も高くなります。

以前ブログに、自律神経を整えるのに、


カイロプラクティックが有効であると書いた通り、

熱中症対策としてもカイロプラクティックが有効であることが言えます。


真夏が来る前に自律神経を整えておきましょう!

熱中症の詳しい内容や対策について、また書きたいと思いますので、ご参照ください。
posted by たかさん1107 at 08:13| 京都 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月16日

骨盤 歪み 

前回は骨盤底筋という骨盤の底にある筋肉が骨盤の歪みなどにより

生理不順や生理痛など様々な症状につながる可能性について説明しました。


そこで治療としては、どんなことをするのかといいますと、、、

骨盤の歪みを取るといっても、いろいろな方法があります。


施術者の手を用いて、歪みを正す方に力を加え矯正する方法や、

強い刺激を好まない患者さんに対しては、

骨盤に三角形のブロックを挟むことで歪みを正していく方法もあります。



これは数分置いておくものであり低刺激で行うことができます。


また、鍼灸での治療も行っております。

鍼はすごく痛いと思ってらっしゃる方もいますが、、、

鍼の太さはとても細く、刺したときの痛みはないときがほとんどで、


あっても強い痛みではないです。

鍼の太さは髪の毛の太さとほぼ同じぐらいで、血液検査などで使う注射針よりだいぶ細いです。


他にもまだ様々な治療方法があり、

症状や患者さんの好みに合わせながら治療を行っていくことができます。
posted by たかさん1107 at 07:59| 京都 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月11日

骨盤 歪み 

前回は仙骨という骨の歪みから、

生理不順、不正出血などにつながる可能性について説明させていただきました


今回は骨盤底筋という筋肉についてです。

骨盤底筋とは骨盤の底部にある筋肉で、


いくつかの筋肉が集まってできています。


これらの筋は尿道、膣、肛門を開閉するときに使う筋肉であり、

さらに、お腹を引き締め姿勢を保ったり、底から内臓を支えたりします。


骨盤底筋は骨盤にくっついているため、

骨盤の歪みがある人や、産後で骨盤が開いたままの状態の人は、

その筋肉が硬くなったりして、働きにくい状態になってしまいます。


働きが悪くなると、

生理不順になったり、

生理痛がひどくなったり、

尿道を十分に締めることができなくなったり、

内臓を支えられず下がってくるなど、、、

様々な問題につながります。

骨盤全体の歪みもそうですが、骨盤底筋そのものに対する治療も合わせて行うことで、

そういった問題を解決することができます。

続きを読む
posted by たかさん1107 at 00:41| 京都 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月08日

骨盤 歪み 


前回に引き続き仙骨のお話です。
仙骨は骨盤を構成している骨で、

女性の場合、そのすぐ前には子宮や卵巣が位置しています。

さらに子宮と仙骨は靭帯で繋がっています。

つまり、仙骨のゆがみは子宮や、卵巣にダイレクトに影響を及ぼします。

それにより、子宮や卵巣にストレスを与えることで、

女性ホルモンのバランスが崩れたり、

さらには、生理不順、不正出血、子宮筋腫、子宮内膜症、不妊症

などの原因になりうる可能性もあります。

仙骨のゆがみは単なる骨のゆがみにとどまらず内臓などに影響しますので、

是非一度チェックしにいらしてください。
posted by たかさん1107 at 00:53| 京都 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月06日

骨盤 歪み 

引き続き仙骨が歪むことでの体の影響について説明させていただきます。
前回も書きましたが、

骨盤というのは、左右に腸骨という骨があって、真ん中に仙骨が位置しています。

そして、その仙骨の上に背骨が乗っています。

つまり、仙骨が歪んだり、もしくは骨盤自体がゆがんだりすることは、



背骨のゆがみにつながる可能性があります。

上半身の土台みたいなものですね。


しかし、自分がゆがんでいることを自覚している人はなかなか少ないように思います。

一度、意識的に確認してみてください。


いくつか着目するポイントをあげてみました。



・右と左の肩の高さ


・左右の靴の底の減り具合


・足を組んだ時に、どちらか組みにくい方がある


・女性の場合、スカートがどちらかにねじれてくる



などなど、色々とチェックできます。

当てはまるものがありましたら、身体に歪みがあり、

今は腰や肩などに症状がなくても見えない負担がかかっている可能性があります。

歪みに対する不安や、自分自身の身体はどうなっているかなど、

気になることがありましたら、ご相談ください。
posted by たかさん1107 at 23:39| 京都 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月02日

産後の骨盤 歪み 

前回の内容は、

首の骨(上から1つ目と二つ目)の歪みやズレが原因で、

首の上のまできている脳の一部から出ている神経が圧迫され、


自律神経の乱れにつながる可能性があると紹介させていただきました。


今回は仙骨という骨と自律神経の関連についてです。


骨盤は真ん中に仙骨という骨とその左右に腸骨という骨で構成されています。


その仙骨には穴が開いていて、いろんな神経が通っているのですが、



その一つに副交感神経が通っています。


足を組んだり、
横座りをしたり、
ポケットに財布などの物をいれて座ったりすることで、

仙骨などにゆがみができ、いい位置にないと副交感神経がうまく働かない状態になりかねないのです。


仙骨のゆがみをいい位置に戻したり、

骨盤全体としてゆがみを戻すことで自律神経の調節をうまく行うことができるのです。


一度自分の仙骨や、骨盤の状態を確認しにいらしてくださいね。

特に、産後の方は骨盤の状態をチェックをすることをお勧めしております
posted by たかさん1107 at 08:04| 京都 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月26日

自律神経 カイロプラクティック

自律神経を整えるのに、カイロプラクティックが有効であると説明してきました。
具体的にどのようにして、自律神経を調節しているのか、


いくつかある中の一つをご紹介したいと思います。


首の骨は全部で7個あります。

そして上から1番目と2番目の首の骨の位置まで、脳の一部が降りてきています。

脳の一部で首のところまで来ている部分は、

呼吸運動、心臓の動き、唾液の分泌などをコントロールしていたり、

多くの内臓に向かって自律神経が出ています。

つまり、自律神経とのつながりがとても大きいのです。


首の骨にゆがみやズレがあるとその脳の一部は少なからず圧迫され



自律神経などの機能ががうまく働かないようになる可能性があります。


カイロプラクティックは骨のゆがみやズレを戻すことができるため


圧迫を解放して自律神経の機能を調節するには、

とても効果があると説明させていただいたわけですね。

ぜひカイロプラクティックの治療を体験してみてください。

posted by たかさん1107 at 00:32| 京都 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。